OpenSeaで買ったNFTを別ウォレットに送る方法【複数まとめて移動もOK】

OpenSeaで買ったNFTを別のウォレットに送りたいな

複数のNFTをまとめて別ウォレットに移動ってできるのかな?

このようなお悩みを解消します。

この記事でわかること
  • OpenSeaをで買ったNFTを別のウォレットに移動する方法
  • 複数のNFTをまとめて別のウォレットに移動する方法
  • NFTの移動に必要な手数料と節約するコツ

こんにちは、あいず ( @eyezroom ) です。

OpenSeaで買ったNFTを保管用のウォレットに移したり、他の人にプレゼント(Give away)したいと思ったことはありませんか?

じつは、OpenSeaの標準機能を使えば簡単にNFTを送ることができちゃうんです。

この記事では、OpenSeaで買ったNFTをメタマスクの別ウォレットに移動する方法必要な手数料についてやさしく解説していきます。

あいず

複数のNFTをまとめて送る方法も解説!

目次

NFTを別のウォレットに移動(トランスファー)する方法

NFTを別のウォレットに移動する手順は以下の5ステップです。

  1. 移動先のウォレットアドレスを確認する
  2. OpenSeaで移動するNFTを選ぶ
  3. 移動先のウォレットアドレスを入力する
  4. ガス代を確認する
  5. NFTが移動できたか確認する

手順1|移動先のウォレットアドレスを確認する

  1. 移動先のウォレットアドレスを確認する
  2. OpenSeaで移動するNFTを選ぶ
  3. 移動先のウォレットアドレスを入力する
  4. ガス代を確認する
  5. NFTが移動できたか確認する

NFTの移動先のウォレットアドレスを確認します。

NFTの移動先のウォレットをメタマスクで開いたら、ウォレットアドレスをタップ。

アドレスがコピーされるので、そのままスマホのメモアプリなどに貼り付けておきましょう

あいず

アドレスを間違えるとNFTは消えてしまうので、アドレスの直打ちは絶対に止めましょう

手順2|OpenSeaで移動するNFTを選ぶ

  1. 移動先のウォレットアドレスを確認する
  2. OpenSeaで移動するNFTを選ぶ
  3. 移動先のウォレットアドレスを入力する
  4. ガス代を確認する
  5. NFTが移動できたか確認する

スマホ版メタマスクのブラウザでOpenSeaを開きます。

あいず

スマホ版メタマスク内でOpenSeaを開く方法がわからない方は、こちらの記事を参考にしてください。

OpenSeaを開いたら、右上の「≡」をタップ。

「Account」メニューを開いたら、「Profile」をタップ。

「Account」が表示されないときは?

一番下の「Connect Wallet」をタップして、メタマスクとOpenSeaをひもづけし直してください。


自分のコレクションページ

自分のNFTコレクションページから、別のウォレットに移動したいNFTを探します。

移動するNFTを選択

移動したいNFTの左下にある「・・・」からメニューを開き、「Transfer」をタップ。

移動するNFTを決定

選択したNFTに間違いが無いことを確認したら「Continue」をタップ。

複数のNFTをまとめて別ウォレットに移動する場合

複数のNFTを選択する場合

他に別ウォレットに送りたいNFTがある場合は、そのNFTの画像をタップしてチェックを入れてください。

選択が完了したら画面下の「Continue」をタップ。

手順3|移動先のウォレットアドレスを入力する

  1. 移動先のウォレットアドレスを確認する
  2. OpenSeaで移動するNFTを選ぶ
  3. 移動先のウォレットアドレスを入力する
  4. ガス代を確認する
  5. NFTが移動できたか確認する
ウォレットアドレスを入力

Address欄にSTEP1でメモしたウォレットアドレスをペーストして「Transfer」をタップ。

複数のNFTを送る場合は「Send ◯ items」と表示されます(◯には送るNFTの数)

あいず

ここでアドレスを間違えると、二度とそのNFTは手元に戻ってこないので超慎重に作業してください!ウォレットアドレスは必ずコピペ

手順4|ガス代を確認する

  1. 移動先のウォレットアドレスを確認する
  2. OpenSeaで移動するNFTを選ぶ
  3. 移動先のウォレットアドレスを入力する
  4. ガス代を確認する
  5. NFTが移動できたか確認する

ガス代とはNFTを移動する時にかかる手数料のことです。

ガス代確認

ガス代を確認して、問題なければ「確認」をタップ。

トランスファー成功

「Your transfer is complete!」と表示されたら移動完了です。

ガス代についてもっと詳しく知りたい方や、節約する方法を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

手順5|NFTが移動したか確認する

  1. 移動先のウォレットアドレスを確認する
  2. OpenSeaで移動するNFTを選ぶ
  3. 移動先のウォレットアドレスを入力する
  4. ガス代を確認する
  5. NFTが移動できたか確認する

最後に、NFTの移動が成功したか確認しましょう。

たとえば、自分が持つ別のウォレットに移動した場合は、そのウォレットを接続したOpenSeaを確認してみましょう。

このように、先ほど移動したNFTが表示されれば移動成功です。

あいず

NFTをプレゼント(Give away)した場合は、プレゼントした相手にNFTが届いたか必ず確認しましょう!

NFTの移動にかかる費用

NFTの移動にかかる費用の特徴をまとめると以下のとおりです。

  • NFTの移動にかかる必要は「送る側が支払うガス代のみ
  • ガス代は1回の取引ごとにかかる

ガス代とはざっくり説明すると「イーサリアムを使うときにかかる手数料」のことです。

NFTの多くはイーサリアムのネットワークを使って取り引きされているため、NFTを移動させるには手数料としてガス代がかかります。

あいず

受け取る側は一切費用を支払わなくてOK

NFTの移動にかかるガス代を節約するには

NFTの移動にかかるガス代を節約するには、以下のような方法があります。

NFT移動にかかるガス代を節約する方法
  • ガス代が高くない時間を狙う
  • 複数のNFTを移動するときは1回でまとめて送る

ガス代の高くない時間を狙う

ガス代は24時間365日、ネットワークの混雑具合によって変動しています。

そのため、ガス代を多く払いすぎないためには現在のリアルタイムなガス代を確認しておく必要があります

ガス代の計算方法や確認方法はこちらの記事を参考にしてください。

複数のNFTを移動するときは1回でまとめて送る

1回NFTを移動するごとにガス代がかかります。

つまり、10個のNFTを別のウォレットに移動する場合、1個ずつ10回に分けて送ると、10個まとめて1回で送るときと比べて10倍のガス代がかかることになります。

したがって、複数のNFTを移動するときはできる限りNFTをまとめて1回で送ることでガス代を節約することができます。

NFTの1個送信で練習しよう

はじめてNFTの移動をするときは、比較的なくなってもダメージの少ないNFT1個で移動の練習をするのがオススメです。もし一括移動で送り先のアドレスを間違えてしまった場合、基本的には二度とそのNFTは手元に返ってこないので注意しましょう

おわりに:NFTの移動とハッキング対策

OpenSeaを使ったNFTの移動方法を習得できましたか?

ハッキング対策としてNFT保管用のウォレットにNFTを移動するときにも使える方法なので、やり方を忘れてしまったときはまたこの記事を読みにきてくださいね。

それでは:)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
目次