【必ず見つかる】ステキな国産NFTアートの探し方【OpenSea】

国産NFTアートの探し方

NFTアートの探し方を知りたい!

はじめは日本のNFTアートを買ってみたいな

このようなお悩みを解消します。

この記事でわかること
  • ランキングを使って日本のNFTアートを探す方法
  • ツイッターを使って日本のNFTアートを探す方法

こんにちは、あいず ( @eyezroom ) です。

NFTアートを買ってみたいけど、そもそも作品をどうやって探したらいいのかわからないという方も多いはず。

そこで、まずは身近な日本のNFTアートを探すところからはじめてみませんか?

この記事では、NFT初心者の方に向けてお気に入りの国産NFTアートを探す方法を2つ紹介します。

eyez

必ずお気に入りのNFTアートが見つかります!

本題に入る前に

メタマスクにイーサリアムを送金するときの手数料って考えたことありますか?

じつは、仮想通貨取引所によっては、送金手数料が1回あたり1,000円以上かかることも。。。

その点、なら送金手数料が完全無料なんです!

まだ口座を持っていない方はもちろん、すでに取引所で口座を持っている方もこの機会にGMOコインで口座開設してみてください:)

目次

国産NFTアートの探し方

国産NFTアートの探し方

NFTアートの探し方はいろいろありますが、今回は厳選した2つの方法を紹介します。

  1. ランキングから探す
    いま話題のNFTアートがわかる
  2. ツイッターで探す
    幅広くNFTアートの情報が手に入る
eyez

僕もこの2つの方法をメインに探しています!

ランキングから探す

ランキングから探す

1つ目の探し方は、ランキングを確認する方法です。

ランキングを見ると、すでに発売されているNFTアートの現在のトレンドがわかるので、いま話題になっているNFTアートが欲しいという方にオススメの探し方です。

オススメ:国内NFTコレクションランキング

2022年7月現在、国産NFTアートを探すなら国内NFTコレクションランキングがオススメ。

毎日24時に更新されており、期間別 のランキングを調べることもできます。

eyez

期間は24時間、7日間、30日間、全期間の4つを切り替えられます。

ランキングからNFTアートを探すときのポイント

国内NFTコレクションランキングを使ってNFTアートを探すときのポイントを4つ紹介します。

eyez

パソコンの画面で解説しますが、スマホで見ても同じ内容を見ることができます!

ポイント1|取引数で「話題性」をみる

取引数で話題性をみる

取引数が多い作品は、イマ話題になっている作品であることが多いです。

作品が初めて販売された直後や、海外のコレクターが目をつけはじめた作品は取引数がふえる傾向があります。

eyez

瞬間的なトレンドは24時間と7日間、長期間のトレンドは30日間と全期間を確認しましょう。

ポイント2|最低価格で「買えるか」をみる

現在の最低価格で買えるかをみる

現在の最低価格を見ると、予算内で買える作品かどうかがわかります

10,000円以内で買えるものから、60万円が最低価格のものまで様々なので、最低価格を見ながら手の届きそうな範囲の作品を探してみるのも良いですね。

ポイント3|平均価格と最低価格をくらべて「期待度」をみる

平均価格と最低価格をくらべて期待度をみる

上のタブから表示期間を「30日間」に変更して、平均価格と最低価格をくらべてみましょう。

30日間の平均価格よりも、現在の最低価格が高いものは、30日間で価格が上昇している作品です。

価格が上昇しているということは、それだけ期待されている作品ということがわかります

eyez

最近のNFTアートの傾向として、販売開始時の価格から下落していくものが多いです。

ポイント4|Discordで「コミュニティの活発さ」をみる

Discordでコミュニティの活発さをみる

関連リンクに discord があるものは、コミュニティ機能のある作品です。

Discordというサービスを使って、この作品のコミュニティのメンバーと自由にやりとりすることができます。

気になる作品のDiscordコミュニティに参加して、どれぐらいその作品に期待している人がいるかを実際に体感してみましょう!

eyez

誰でも自由に参加できます。作品を持っていなくてもOK!

また、NFTアートのコミュニティのおもしろいところは、ただのファンクラブではなく作品の「運営」に参加できるというところ。

その作品の今後の展開についてオープンに議論していたりするので、そういったところも見ながら購入する作品を決めるのもオススメです。

きまった人や組織が物事を決定するのではなく、コミュニティ参加者全員で作品を運営していくような仕組みをDAO(分散型自立組織)といいます。NFTアートにかぎらず、これからの時代の超重要ワードですので覚えておきましょう!

ツイッターで探す

ツイッターで探す

2つ目の探し方は、ツイッターで探す方法です。

ツイッターを使うと、ランキングに載らないような個人制作の作品や発売前の作品など、幅広いNFTアートの情報を手に入れることができます

とはいえ、あまりにいろんな情報があるので、以下の2つの方法でフィルターをかけるのがオススメ。

#ハッシュタグで探す

僕がよく使うハッシュタグは以下の4つです。

#ハッシュタグ内容
#NFTNFTアート全般
#NFTJapan日本発のNFTアート関連
#GiveawayNFTアートをプレゼントする企画
#WLGiveaway発売前のNFTアートの優先購入権をプレゼントする企画
eyez

上のリンクは日本語のツイートだけがヒットするようにしてあります。 「lang:ja」とつけて検索するだけなので覚えておくと便利ですよ!

いろんなNFTアートを探したいなら「#NFT・#NFTJapan」

大きなプロジェクトから個人制作まで、幅広くNFTアートを探したいなら#NFT#NFTJapanがおすすめです。

ただし、このハッシュタグをつけているツイートはめちゃくちゃ多いので探すのに疲れてしまうことも。

話題のツイート」か「画像」にしぼって探すと比較的効率よく探すことができますよ。

eyez

本当にいろんな方のツイートが流れてくるので、暇なときに流し見するぐらいの使い方が◯

クオリティの高い作品を探したいなら「#Giveaway」

クオリティの高いNFTアートを探したいなら#Giveawayで探してみましょう。

Giveawayギブアウェイ」とはNFTアートのプレゼント企画のこと。

特定のアカウントのフォローやツイートの「いいね」や「リツイート」といった参加条件を満たすと参加できます。

eyez

逆にいえば、いいねリツイートが多いほど人気のある作品です。

作品の広告としてGiveawayをおこなうことが多く、クオリティの高い作品に出会える確率が高いです。

気になる作品があったらGiveawayに参加しても良いですし、人気が出て価格があがる前にOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで買ってしまうというのも選択肢のひとつですね。

これから話題になりそうなNFTアートを探したいなら「#WLGiveaway」

個人的にはこの#WLGiveawayがいちばんオススメ!

さきほどと似たハッシュタグですが、こちらはWLホワイトリストという一般販売前のNFTアートを優先的に買える権利のGiveawayです。

こちらも「いいね」や「リツイート」の数を見れば人気のある作品はひと目でわかります。

eyez

僕がCNPMetaSamuraiを初期に買えたのはこれのおかげ!

「話題のツイート」に流れてくるツイートを見ているだけでも、それなりの確率で期待度の高い発売前のNFTアートに出会えるはず。

@NFT系インフルエンサー経由で探す

NFT系インフルエンサーをフォローして、最新情報をゲットするのもオススメです。

たとえば以下のような方々をフォローしておくと、最新のNFTアートやWeb3関連の情報感度が高くなります。

@NftPinuts / miinさん厳選されたNFTの最新情報
@IHayato / イケハヤさんご自身の携わっているプロジェクトやNFT・web3関連情報
@umitsuru_fire / うみつるさんWLギブアウェイツイート多め
@eyezroom / あいず個人的に気になったNFTやweb3関連情報を厳選(僕です笑)
eyez

NFTに関連したツイートも表示されるようになるので、全員フォローしておいて損は無いと思いますよ!

おわりに:NFTアートを買ってみよう

ランキングやTwitterを使って、買いたいNFTアートは見つかりましたか?

欲しい作品が見つかったら、つぎは実際に購入してみましょう!

以下の記事で、OpenSeaでNFTアートを買う方法について解説しているので参考にしてください。

それでは:)

国産NFTアートの探し方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
目次