MENU
カテゴリー
  • カテゴリーなし
ブログ内検索

UniSat Walletとは?作り方と使い方を解説【Ordinals Walletをインポートする方法も解説】

この記事のリンクには広告が含まれています。
UniSat Walletの作り方・使い方

Ordinalsを買うためにウォレットを作りたい!

UniSat WalletにOrdinals Walletをインポートしたいんだけど……

このようなお悩みを解消します。

こんにちは、あいず (@eyezroom ) です。

話題のビットコイン版NFT「Ordinals(オーディナルズ)」ですが、これを買うためにはOrdinalsに対応したビットコイン用のウォレットが必要です。

そこでこの記事では、Ordinals対応ウォレットであるUniSat Walletユニサットウォレットの作り方と使い方についてやさしく解説していきます。

あいず

UniSat Walletを使うと、Ordinals WalletをMagic Edenマジックエデンにつなげることができちゃいます!

\ すべての手数料が0円! /

最短10分でスタートできる!

この記事を書いた人
プロフィール
あいず
@eyezroom
  • メーカー勤務の副業ブロガー
  • 副業月収5万円以上
  • 2022年4月からNFTを100点以上売買
  • 株式投資6年・仮想通貨投資3年
  • 妻と1歳の息子の3人暮らし

>>今話題!スマホで500円からビットコインをはじめる方法はこちら

目次

Ordinals(オーディナルズ)とは?

Ordinalsとは、ひとことで言うと「ビットコインNFT」のことです。

これまでお金としてしか使えなかったビットコインですが、2023年1月にOrdinal
オーディナル
Theory
セオリー
という新しい理論が発表され、NFTの売り買いができるようになりました。

ここでは、かんたんにOrdinalsの特徴をまとめておきます。

  1. Ordinalsは「データが永遠に残る」
  2. Ordinalsは「ハッキングリスクが低い」
  3. Ordinalsは「これからピークに向かう」

Ordinalsの仕組みや将来性、従来のイーサリアムNFTとの違いは下記の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

>>Ordinals(オーディナルズ)とは?始め方を徹底解説

UniSat Walletとは?

UniSat Walletとは

UniSat Walletユニサットウォレットとは、ビットコインとOrdinalsを保管できるお財布のことです。

メタマスクはイーサリアム系のウォレットだったのに対して、UniSat Walletはビットコイン系のウォレットになっています

あいず

ビットコインとイーサリアムは全くの別物なので、それぞれに対して専用のお財布が必要!

Ordinals対応ウォレットの比較

ここでは利用者の多い4つのOrdinals対応ウォレットの特徴を簡単にまとめておきます。

スクロールできます

Ordinals Wallet
Xverse Wallet
Xverse Wallet
UniSat Wallet
UniSat Wallet
Magic Eden
Magic Eden Wallet
運営Ordinals Wallet
2023年〜
Secret Key Labs
2021年〜
Unisat
2023年〜
Magic Eden
2019年〜
対応通貨ビットコインビットコイン
スタックス
ビットコインビットコイン
イーサリアム
ポリゴン
ソラナ
スマホ対応
パソコン対応
対応取引所のみ全取引所OKのみ
※Taprootアドレス使用時


メリットスマホ/パソコンOKスマホ/パソコンOK他ウォレット取込可マルチチェーンウォレット
デメリットOrdinals Walletがサーバーダウンすると使えないビットコインとOrdinalsの受取アドレスが違うスマホ使用不可スマホ使用不可
公式リンクOrdinals WalletXverse WalletUniSat WalletMagic Eden
解説記事記事リンク記事リンク本記事記事リンク

UniSat Walletの作り方

UniSat Walletを作る手順は以下の5ステップです。

  1. Chrome拡張機能をインストール
  2. ログインパスワードを設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの確認
  4. アドレスの選択
  5. ウォレット復元テスト
あいず

UniSat Walletはパソコンのみで使うことができます。

>>スマホユーザーにオススメのウォレット「Ordinals Wallet」はこちら

手順1:Chrome拡張機能をインストール

  1. Chrome拡張機能をインストール
  2. ログインパスワードを設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの確認
  4. アドレスの選択
  5. ウォレット復元テスト

まずはGoogle ChromeにUniSat Walletの拡張機能をインストールします。

注意

UniSat Walletの偽サイトが現れる可能性もあるので注意してください。Google検索のトップに偽サイトが掲載されていることもあるため、必ず公式サイトからインストール

あいず

上記リンクは安全です!

Chrome拡張機能をダウンロード

「Chromeに追加」をクリック。

拡張機能の追加確認

「拡張機能を追加」をクリック。

拡張機能の表示ON/OFF

ブラウザ右上の「」から拡張機能メニューをひらき「UniSat Wallet」の「」をクリック。

UniSat Walletのインストール完了

ブラウザ右上にUniSat Walletのアイコンが表示されていればインストール完了です。

手順2:ログインパスワードを設定

  1. Chrome拡張機能をインストール
  2. ログインパスワードを設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの確認
  4. アドレスの選択
  5. ウォレット復元テスト

UniSat Walletを開くときに使うログインパスワードを設定していきます。

アイコンをクリックしてUniSat Walletをひらき「Create new wallet」をクリック。

ログインパスワードを設定

任意の英数字でパスワードを2回入力したら「Continue」をクリック。

手順3:シークレットリカバリーフレーズの確認

  1. Chrome拡張機能をインストール
  2. ログインパスワードを設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの確認
  4. アドレスの選択
  5. ウォレット復元テスト

シークレットリカバリーフレーズとは、ウォレットを復元するためのパスワードです。

UniSat WalletのChrome拡張機能を消してしまった時や、パソコンを買い替えたときなどにシークレットリカバリーフレーズを入力すればウォレットを復元することができます。

あいず

逆に言えば、シークレットリカバリーフレーズを忘れると復元不可能になってしまうってこと!

それでは設定していきましょう。

シークレットリカバリーフレーズの確認

表示された12個の英単語を順番どおり「紙」にメモしましょう

メモできたら「I saved My Secret Recovery Phrase」にチェックを入れて「Continue」をクリック。

あいず

リカバリーフレーズは誰にも教えないこと!また、セキュリティを考えると、パソコン上のメモやスクリーンショットはおすすめできません。

手順4:アドレスの選択

  1. Chrome拡張機能をインストール
  2. ログインパスワードを設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの確認
  4. アドレスの選択
  5. ウォレット復元テスト

UniSat Walletでは仕組みがことなる4種類のアドレスが与えられます。

アドレス選択

Ordinalsを扱うのが目的の場合は、Taprootと書かれた「bc1p〜」のアドレスを選択して「Continue」をクリック。

あいず

Ordinalsを受け取れるアドレスはTaprootと呼ばれる「bc1p」ではじまるアドレスだけ

UniSat Wallet作成完了

このような画面が表示されたらUniSat Wallet作成完了です。

手順5:ウォレット復元テスト

  1. Chrome拡張機能をインストール
  2. ログインパスワードを設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの確認
  4. アドレスの選択
  5. ウォレット復元テスト

最後に、シークレットリカバリーフレーズが正しくメモできているか、ウォレットの復元テストで確認しましょう。

あいず

やらない人が多いけど、超重要な作業です!

Chrome拡張機能を一度削除して再インストールしていきます。

ブラウザのUniSwat Walletアイコンを右クリックし「Chromeから削除」をクリック。

削除の確認

「削除」をクリック。

再度UniSat Walletの拡張機能をインストール。

ウォレットの復元

「I already have a wallet」をクリック。

ログインパスワードを設定

手順2と同様にログインパスワードを再度設定します。

UniSat Walletをクリック

「UniSat Wallet」をクリック。

シークレットリカバリーフレーズを入力

手順3で確認したシークレットリカバリーフレーズを入力したら「Continue」をクリック。

アドレスを選択

手順4と同様に「Taproot」のアドレスを選択して「Continue」をクリック。

UniSat Wallet復元完了

ふたたびこの画面が表示されたら復元成功です。

あいず

うまくいかなかった場合はもういちど復元作業にチャレンジ!それでもダメなら手順1からやり直しましょう!

UniSat Walletの使い方

UniSatにビットコインを入金する方法、Ordinalsを受け取る方法を解説します。

ビットコインを受け取る(入金する)

「bc1p」ではじまるTaprootアドレスへの送金は、国内取引所だとだけが対応しています

以下の記事を参考にして、取引所からUniSat Walletにビットコインを送金しましょう。

>>GMOコインからビットコインを送金する方法

\まだ口座を持っていない方はこちら/

ビットコイン受け取り用のアドレス取得方法

アドレス取得

トップ画面の「bc1p〜」をクリックすると、ウォレットアドレスがクリップボードにコピーされます。

あいず

bc1pではじまるTaprootアドレスになっているか必ず確認!

アドレスが「bc1p〜」になっていないとき
設定メニュー

下メニューの「」から「Address Type」をクリック。

アドレスタイプ選択

「Taproot」を選択すればOKです。

Ordinalsを受け取る

UniSat WalletのOrdinals受け取り用のアドレス取得方法は以下のとおりです。

アドレス取得

トップ画面の「bc1p〜」をクリックすると、ウォレットアドレスがクリップボードにコピーされます。

あいず

Ordinalsを受け取れるのは「bc1p〜」のアドレスだけ!

アドレスが「bc1p〜」になっていないとき
設定メニュー

下メニューの「」から「Address Type」をクリック。

アドレスタイプの選択

「Taproot」を選択すればOKです。

Unisat WalletにOrdinals Walletをインポート

Unisat Walletには他のOrdinals系ウォレットを取り込んで表示させることができます。

ここではOrdinals WalletをUnisat Walletにインポートする例を見ていきましょう。

あいず

この方法を使えばOrdinals WalletユーザーでもMagic Edenと接続できる

インポート手順は以下のとおりです。

  1. Ordinals Walletの秘密鍵を取得
  2. UniSat WalletにOrdinals Walletの秘密鍵を入力
  3. ウォレット名の変更
あいず

UniSat Walletの作成は事前に終わらせておきましょう!

手順1:Ordinals Walletの秘密鍵を取得

  1. Ordinals Walletの秘密鍵を取得
  2. UniSat WalletにOrdinals Walletの秘密鍵を入力
  3. ウォレット名の変更

まずはじめに、使用しているOrdinals Walletの秘密鍵であるWIF Private Keyを取得していきます。

あいず

秘密鍵が外部に漏れるとハッキングされるリスクが非常に高いので、慎重に作業してください。

下記のリンクから「Ordinals Wallet」にアクセス。

設定ページへ進む

右上のアドレスをクリックし「」をクリック。

設定メニュー

「View recovery」をクリック。

ログインパスワードを入力

ログインパスワードを入力して「Unlock wallet」をクリック。

シードフレーズ表示

「Advanced」をクリック。

WIF Private Keyをコピー

「WIF Private Key」をコピーしてください。

あいず

このページに表示されている文字列は誰かに知られるとハッキングされてしまいます。取り扱いには超注意!

手順2:UniSat WalletにOrdinals Walletの秘密鍵を入力

  1. Ordinals Walletの秘密鍵を取得
  2. UniSat WalletにOrdinals Walletの秘密鍵を入力
  3. ウォレット名の変更

Ordinals WalletのWIF Private KeyをUniSat Walletに入力します。

UniSat Wallet

UniSat Walletをひらいて右上の「HD Wallet #1」をクリック。

ウォレットの追加

右上の「」をクリック。

ウォレットの追加方法を選択

「Restore from single private key」をクリック。

あいず

秘密鍵でウォレットを復元するということ!

WIF Private Keyを入力

手順1で取得したOrdinals WalletのWIF Private Keyをペーストして「Continue」をクリック。

アドレスタイプを選択

「Taproot」を選択して「Continue」をクリック。

あいず

Ordinals Walletは「bc1p」ではじまるTaprootアドレスの取引が基本!

Ordinals Wallet取込完了

Ordinals Walletに入っていたOrdinalsやビットコインが表示されたらインポート成功です。

手順3:ウォレット名の変更

  1. Ordinals Walletの秘密鍵を取得
  2. UniSat WalletにOrdinals Walletの秘密鍵を入力
  3. ウォレット名の変更

最後にインポートしたウォレットとわかるようにウォレット名を変更しておきましょう。

UniSat Wallet

右上の「Single Wallet #2」をクリック。

ウォレット選択画面

」がついているウォレットの「」をクリック。

サブメニュー

「Edit Name」をクリック。

ウォレット名を変更

変更したいウォレット名を入力して「Change Wallet Name」をクリック。

このようにウォレット名が変わっていればウォレット名変更完了です。

UniSat Wallet

UniSat Walletのトップに戻ると、右上のウォレット名も変更されています。

あいず

あとはMagic EdenでUniSat Walletを接続すればOK!

よくある質問

UniSat Walletに関してよくある質問をまとめておきます。

UniSat Walletはスマホでも使える?

UniSat Walletはスマホで使用できません。

パソコンのみで使用可能です。

>>スマホユーザーにオススメのウォレット「Ordinals Wallet」はこちら

Chrome拡張機能がインストールできない

ブラウザが最新のバージョンになっているか確認しましょう。

>> Google Chromeのバージョン更新方法はこちら

おわりに:Ordinalsを買ってみよう!

UniSat Walletの作成と入金ができたら、つぎはOrdinalsを買ってみましょう!

現在は掲載作品数が多いMagic Edenマジックエデンというマーケットプレイスがオススメです。

まずはMagic Edenにアクセスしてお気に入りの作品を探してみてくださいね。

それでは:)

UniSat Walletの作り方・使い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次