ビットコインのNFT「Ordinals」とは?仕組みや始め方をやさしく解説【買い方・売り方】

この記事のリンクには広告が含まれています。
Ordinalsの始め方

今話題のOrdinalsを売り買いしてみたいな

そもそもOrdinalsっていったいなに?

このようなお悩みを解消します。

こんにちは、あいず ( @eyezroom ) です。

最近、SNSで話題になっているOrdinals(オーディナルズ)を知っていますか?

Ordinalsに興味はあるけど難しそう…と思っている方も多いかもしれません。

この記事では、Ordinalsとは一体何なのか、そしてOrdinalsの買い方と売り方についてやさしく解説していきます。

あいず

Ordinalsは2023年1月に誕生したばかりの最新トレンド!

\ すべての手数料が0円! /

最短10分でスタートできる!

この記事を書いた人
プロフィール
あいず
@eyezroom
  • メーカー勤務の副業ブロガー
  • 副業月収5万円以上
  • 2022年4月からNFTを100点以上売買
  • 株式投資6年・仮想通貨投資3年
  • 妻と1歳の息子の3人暮らし

>>今話題!スマホで500円からビットコインをはじめる方法はこちら

目次

Ordinals(オーディナルズ)とは

Ordinalsとは、ひとことで言うと「ビットコインNFT」のことです。

ここでは「Ordinalsはどんな仕組みなのか」「イーサリアムNFTとは何が違うのか」についてサクッと解説していきます。

あいず

Ordinalsを早くはじめたい!という方はこちらからどうぞ

ビットコインはNFTを取り扱えない仮想通貨だった

ビットコインは区別ができない通貨だった

NFTを取引するためにはひとつひとつが区別できることが重要です。

しかし、ビットコインはお金のやりとりをするために作られた仮想通貨だったので、ひとつひとつを区別できないシステムになっていました。

そのため、これまでビットコインはNFTを取り扱うことができない仮想通貨でした。

Ordinal Theory(オーディナルセオリー)

2023年1月に Ordinalオーディナル Theoryセオリーという新しい理論が発表され、ビットコインひとつひとつを区別できるようになりました。

Ordinal Theoryとは従来のビットコインに以下の3つのルールを付け足したものです。

  1. 全ビットコインに生まれた順の番号をつける
  2. 先に入手したビットコイン番号から使っていく
  3. 番号付きビットコインにデータを記録できる
あいず

Ordinal Theoryが生まれたことでビットコインでNFTを売り買いできるようになりました!

1. 全ビットコインに生まれた順の番号をつける

全ビットコインに生まれた順の番号をつける

ビットコインの単位は「BTC」が一般的ですが、じつはもっと細かい「satoshiサトシ」という単位があります。

1BTC=1億satoshi」なのですが、Ordinal Theoryではすべてのsatoshiに対して生まれた順に番号を割り振ることにしました。

この「番号付きsatoshi」によってそれぞれのビットコインが区別できるようになったというわけです。

あいず

satoshiを「sat」や「sats」と略すことが多いです

ビットコインを発明したとされる「Satoshi Nakamoto」という人物の名前から、ビットコインの最小単位はsatoshiになりました。ちなみに日本人っぽい名前ですが、その正体は未だにわかっていません。

2. 先に入手したビットコインから使っていく

先に入手したビットコインから使っていく

Ordinal Theoryでは、先に入手した「番号付きsatoshi」から順番に使っていくことをルールとして決めました。

すると、世界中の「番号付きsatoshi」が誰から誰に渡っていったか、そして今どこにあるのかが明らかになります。

つまり、このルールによって誰がどの番号付きsatoshiを持っているかを明確にできるようになりました。

あいず

先に入ったものを先に出すので「先入先出方式」とか「FIFO
(First-In First-Out)」と言ったりします。

Ordinalとは日本語に直訳すると「序数(順序をあらわす数)」という意味です。ルール1はsatoshiが生まれた順に番号を、ルール2は入手したビットコイン順に番号をつけているので「Ordinals Theory(序数理論)」と命名されました。

3. 番号付きビットコインにデータを記録できる

番号付きビットコインにデータを記録できる

Ordinal Theoryをもとに作られたプログラムを使うと、番号付きsatoshiのひとつひとつに約4MBまでのデータを記録することができます。

このデータ付きsatoshiこそが「ビットコインNFT」の正体です。

したがって、ビットコインNFTはビットコインの形をしているので、普通のビットコインと同じように取引ができるというわけですね。

あいず

Ordinal Theoryをもとに作られたプログラムのことを「Ordinal Protocolプロトコル」といいます。

番号付きsatoshiにデータを記録しなければ、同じ価値のビットコインとして取引ができます。つまり、いままで通りお金としてもビットコインを使えるということです。

ビットコインNFTとイーサリアムNFTとの違い

ビットコインNFTとイーサリアムNFTの違いについて見てみましょう。

スクロールできます
ビットコインNFTイーサリアムNFT
仕組みOrdinals Theory
ビットコインに順序をつける理論
スマートコントラクト
イーサリアム標準搭載の自動取引機能
データの
保管場所
フルオンチェーン
データそのものが保管される
オフチェーン
URLなどのテキストデータだけが保管される
永続性高い
ブロックチェーン上に永遠に残る
低い
サーバー上の画像データが消えると無くなる
安全性高い
すべての取引内容を事前確認できる
低い
スマコンの悪用でハッキングされるリスク
将来性これからピークに向かう
ハイプ・サイクル上の「黎明期」
ピークは通過
ハイプ・サイクル上の「幻滅期」

仕組み

イーサリアムはスマートコントラクトという機能を使うことで、あるデータを「特別な仮想通貨(トークン)」として発行したり取引することができます。

イーサリアムNFTは、この仕組みを使って売り買いをしています。

いっぽうで、ビットコインNFTはビットコインそのものにデータをくっつけて売り買いをしています。

あいず

イーサリアムNFTを実現しているスマートコントラクトの名称をERC721といいます。

データ保管場所

イーサリアムNFTは最大容量が約48KBと非常に小さいため、基本的に画像のURLなどをテキストデータだけをブロックチェーンに記録しています。

では、画像はどこにあるかというと外部のストレージサービスやwebサーバーに保管されているんです。

いっぽうで、ビットコインNFTは最大容量が約4MBと大きく、外部のURLを参照する機能もないため、データそのものをブロックチェーンに記録しています。

あいず

全データがブロックチェーン上に無いと「オフチェーン」、ブロックチェーン上にあると「フルオンチェーン」といいます。

永続性

イーサリアムNFTは、画像データを保管している外部ストレージサービスが無くなったり、画像データが削除されたりすると、画像URLだけが手元に残ることになります。

いっぽうで、ビットコインNFTはすべてのデータがブロックチェーン上に記録されているので、一度ブロックチェーン上に記録されたデータは10年後も1000年後も残り続けます。

あいず

一度発行したビットコインNFTは消すことも、編集することもできない!

安全性

イーサリアムNFTは、悪意のある取引や署名を承認してしまうと簡単にハッキングされてしまいます。

イーサリアムのスマートコントラクトは非常に複雑なため、取引の中身がよくわからないまま承認するしかないことが大きな問題でした。

いっぽうで、ビットコインNFTは「誰に、何を送る」という非常にシンプルな取引内容になっており、イーサリアムNFTとくらべると安全性が高いと言えます。

将来性

これは、新たに登場したテクノロジーがどのような軌跡をたどって普及するかを示した「ハイプ・サイクル(ガードナー社)」というグラフです。

ハイプ・サイクルにおいて、イーサリアムNFTは2022年にピーク期を過ぎて、2023年4月現在は「幻滅期」に入ったと言われています。

いっぽう、ビットコインNFTは2023年1月に誕生したばかりのテクノロジーなので「黎明期」にあたります。

もちろん100%ではありませんが、ビットコインNFTの技術的なメリットを考えると、これからピーク期に向かう可能性が高いと言えます。

ビットコインNFTの正式名称は決まっていない

じつは、ビットコインNFTの正式名称はまだ決まっていません。

そのため、以下のように様々な呼び方をされています。

  • Ordinals(この記事はこれで統一!)
  • Ordinal
  • OrdinalsNFT
  • OrdinalNFT
  • BTCNFT
  • BitcoinNFT
あいず

「Ordinals(オーディナルズ)」と呼んでいる人が一番多い印象!

Ordinals用語集

Ordinals関連でよく出てくる単語を紹介します。

Inscription(インスクリプション)

Ordinalsのシステムを使ってつくられた作品のこと

Inscriptionとは日本語に直訳すると「碑文ひぶん(石碑にきざまれた文章)」という意味です。

Ordinalsでは、つくった作品をある特定のビットコインに記録することからこのように表現されています。

また、作品が作られた順にInscription#1、Inscription#2…と番号がつけられており、番号が小さいほど希少価値が付きやすいと言われています。

あいず

Ordinals公式サイトで最新のInscriptionを見れます!

Inscribe(インスクライブ)

作品をOrdinalsとして発行すること(≒ミント)

Inscribeとは日本語に直訳すると「石などに文字を彫る」という意味です。

つまり、ビットコインに作品を記録することなので、イーサリアムNFTでいうところのミントと同じ意味です。

あいず

Inscribeのことを「刻む」という人もいます

Digital Artifact(デジタルアーティファクト)

NFTのこと

Digital Artifactとは日本語に直訳すると「デジタルな人工産物」という意味です。

Ordinalsのシステムを考案したCasey Rodarmorさんは、NFTという単語が専門用語っぽくて分かりづらいことからこのように呼んでいます。

あいず

いまのところNFTって呼んでいる人の方の方が多そう

Ordinalsの買い方

Ordinalsの買い方は以下の6ステップです。

  1. ビットコイン用のウォレットを作る
  2. GMOコインでビットコインを買う
  3. GMOコインにウォレットアドレスを登録する
  4. GMOコインからウォレットにビットコインを送金する
  5. ウォレットをOrdinals Walletに接続
  6. Ordinalsを買う
あいず

ここではOrdinals WalletというマーケットプレイスでOrdinalsを買う方法を解説します!

>>Magic Eden(マジックエデン)でOrdinalsを買いたい方はこちら

手順1:ビットコイン用のウォレットを作る

  1. ビットコイン用のウォレットを作る
  2. GMOコインでビットコインを買う
  3. GMOコインにウォレットアドレスを登録する
  4. GMOコインからウォレットにビットコインを送金する
  5. ウォレットをOrdinals Walletに接続
  6. Ordinalsを買う

Ordinalsを売り買いするには、ビットコイン用のお財布が必要です。

現在よく使われている3つウォレットの中から、自分にあったものを選んで作ってみましょう。

スクロールできます

Ordinals Wallet(OW)
Xverse Wallet
Xverse Wallet
UniSat Wallet
UniSat Wallet
運営Ordinals Wallet
2023年〜
Secret Key Labs
2021年〜
Unisat
2023年〜
対応通貨ビットコインビットコイン
スタックス
ビットコイン
マーケットプレイスOrdinals WalletOrdinals Wallet
Magic Eden
Ordinals Wallet
Magic Eden
スマホ対応ブラウザ専用アプリ非対応
パソコン対応ブラウザChrome拡張機能Chrome拡張機能
取引所からの入金GMOコインのみ全取引所OKGMOコインのみ
※Taprootアドレスを使う場合
メリットマケプレと一体で安全スマホアプリがあるOWをインポート可
デメリットMagic Edenに繋げない
→裏ワザを使えば繋げる!
ビットコインとOrdinalsの受取アドレスが違うスマホで使用不可
オススメユーザークリエイターこれからOrdinalsをはじめる人OWユーザー
クリエイター
公式リンクOrdinals WalletXverse WalletUniSat Wallet
解説記事記事リンク記事リンク記事リンク
あいず

Ordinalsを買うだけの人はXverse Wallet、Ordinalsを作りたいクリエイターはOrdinals Walletがオススメ!

手順2:GMOコインでビットコインを買う

  1. ビットコイン用のウォレットを作る
  2. GMOコインでビットコインを買う
  3. GMOコインにウォレットアドレスを登録する
  4. GMOコインからウォレットにビットコインを送金する
  5. ウォレットをOrdinals Walletに接続
  6. Ordinalsを買う

つぎに、Ordinalsを買うために必要なビットコインを準備しましょう。

以下の記事を参考にして必ず「GMOコイン」でビットコインを購入してください

コインチェックやビットフライヤーなど、GMOコイン以外の取引所からだとOrdinals用のウォレットに送金ができない可能性があるので注意しましょう

\Ordinalsをはじめるなら必須/

あいず

GMOコインは送金手数料が無料なので、まだ口座を持っていないという方は口座開設しておくと便利!

手順3:GMOコインにウォレットアドレスを登録する

  1. ビットコイン用のウォレットを作る
  2. GMOコインでビットコインを買う
  3. GMOコインにウォレットアドレスを登録する
  4. GMOコインからウォレットにビットコインを送金する
  5. ウォレットをOrdinals Walletに接続
  6. Ordinalsを買う

GMOコインで買ったビットコインをウォレットに送金するための事前準備をします。

GMOコインアプリ

GMOコインのアプリを開いて「預入/送付」をタップ。

ビットコイン送金

「BTC(ビットコイン)」をタップ。

宛先を追加

送付タブからビットコインを選択して「新しい宛先を追加する」をタップ。

宛先情報の登録

「GMOコイン以外」をタップ。

宛先情報の登録

「プライベートウォレット(MetaMask)など」をタップ。

宛先情報の登録

「ご本人さま」をタップ。

本人情報の確認

本人情報に間違いが無いことを確認したら「宛先情報の登録画面」をタップ。

宛先情報の登録画面

GMOコインの画面に戻って、画面を下にスクロール。

宛先情報の登録

任意の宛先名称を入力し、ビットコイン用ウォレットのアドレスを貼付け。

あいず

アドレスの直打ちは禁止!アドレスを間違えたら送金したビットコインは返ってきません!

Ordinals Walletのアドレス確認方法
Ordinals Walletトップ

Ordinals Walletのトップで右上の「≡」をタップ。

マイページ

メニュー下のウォレットアドレスをタップ。

Receive

で「Receive」をタップ。

ウォレットアドレス表示

Copy to clipboard」をクリックすると、ウォレットアドレスがクリップボードにコピーされます。

Xverse Walletのアドレス確認方法
Xverese Walletトップ

Xverse Walletトップの「Receive」をタップ。

Bitcoin受け取り用アドレス

Bitcoinと書いてある場所の「」をタップ。

あいず

ビットコインを受け取れるのは「3〜」のアドレスだけ!

「このアドレスはビットコイン受取専用」

「I understand」をタップしたらウォレットアドレスがクリップボードにコピーされます。

UniSat Walletのアドレス確認方法
アドレス取得

トップ画面の「bc1p〜」をクリックすると、ウォレットアドレスがクリップボードにコピーされます。

あいず

bc1pではじまるアドレスになっているか必ず確認!

アドレスが「bc1p〜」になっていないとき

設定メニュー

UniSat Wallet下メニューの「」から「Address Type」をクリック。

アドレスタイプ選択

「Taproot」を選択すればOKです。

確認画面へ

下まで確認が終わったら「確認画面へ」をタップ。

宛先情報の確認

宛先情報をすべて確認し、ボックス2つにチェックを入れたら「登録する」をタップ。

確認メール送付メッセージ

GMOコインに登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

宛先リスト登録確認メール

このようなメールが届くのでリンクをタップ。

宛先情報の認証完了

宛先情報に間違いが無いことを確認したら「認証を完了する」をタップ。

アドレス登録申請完了

これでウォレットアドレスの登録申請は完了です。

アドレス審査完了メール

このようなメールが届いたら宛先リストにウォレットアドレスが追加されます。

あいず

審査にはだいたい10〜20分ぐらいかかります!

手順4:GMOコインからウォレットにビットコインを送金する

  1. ビットコイン用のウォレットを作る
  2. GMOコインでビットコインを買う
  3. GMOコインにウォレットアドレスを登録する
  4. GMOコインからウォレットにビットコインを送金する
  5. ウォレットをOrdinals Walletに接続
  6. Ordinalsを買う
OrdinalsWalletのアドレスを選択

GMOコインの仮想通貨送付画面をひらいて、先程登録したアドレスをタップ。

宛先情報の確認

宛先情報を確認し、ボックスにチェックを入れたら「次へ」をタップ。

送付金額と送付目的を入力

OrdinalWalletに送金する金額を入力して、送付目的を選択。

あいず

GMOコインの最小送金額は0.02BTCだけど、全ビットコインを送れば0.02BTC以下でもOK

二段階認証

「SMSで2段階認証コードを受け取る」をタップして、送られてきた6桁の認証コードを入力。

確認画面へ進む

2つのボックスにチェックを入れたら「確認画面へ」をタップ。

送付内容の確認

送付内容を確認したら「実行」をタップ。

送付完了

この画面が表示されたらビットコイン送金の申請完了です。

ビットコイン用ウォレットをひらいて先程送金した金額が表示されていれば送金成功です。

あいず

送金申請完了後10〜20分ぐらいかかります!

手順5:ウォレットをOrdinals Walletに接続

  1. ビットコイン用のウォレットを作る
  2. GMOコインでビットコインを買う
  3. GMOコインにウォレットアドレスを登録する
  4. GMOコインからウォレットにビットコインを送金する
  5. ウォレットをOrdinals Walletに接続
  6. Ordinalsを買う

「Ordinals Wallet」にアクセスします。

あいず

スマホのXverse Walletアプリを使っている人は、アプリ内のブラウザからアクセス!

Xverse Walletアプリのブラウザをひらく方法
Xverse Walletアプリのブラウザ

アプリをひらいたら下部メニューの「」をタップするとブラウザがひらきます。

上のウィンドウに「https://ordinalswallet.com/」と入力してください。

Ordinals Walletトップ

右上の「≡」をタップ。

Connect Walletをタップ

「Connect Wallet」をタップ。

あいず

ビットコイン用ウォレットをOrdinals Walletでつくった人は、すでに繋がっていると思うので次の手順に進みましょう!

接続するウォレットを選択

接続するウォレットを選択してください。

接続確認
Xverse Walletの接続確認メッセージ

接続の確認メッセージが出るので「Connect」をタップ。

接続完了

ウォレットの情報が表示されたら接続成功です。

手順6:Ordinalsを買う

  1. ビットコイン用のウォレットを作る
  2. GMOコインでビットコインを買う
  3. GMOコインにウォレットアドレスを登録する
  4. GMOコインからウォレットにビットコインを送金する
  5. ウォレットをOrdinals Walletに接続
  6. Ordinalsを買う

それではOrdinals買ってみましょう!

>>Ordinals作品の探し方はこちら

Buy now

「Buy now」をタップ。

あいず

Buy nowのボタンが無いものは買えません!

パスワードを入力

Ordinals Walletのパスワードを入力して「Unlock wallet」をタップ。

再度購入内容を確認したら「Buy now」をタップ。

これで購入完了です!

Ordinalsの売り方

所有しているOrdinalsを売るのはとても簡単!

メニューをひらく

右上の「≡」をタップしてメニューをひらく。

アドレスが表示されている部分をタップ。

売りたいOrdinalsNFT

所有しているOrdinalsのうち、売りたいものを選んで「Lisf for sale」をタップ。

売出し価格の入力

売出し価格を入力して「List for sale」をタップ。

あいず

ドル換算でおおよその金額が表示されるのでチェック!

パスワード入力

パスワードを入力して「Unlock wallet」をタップ。

最終確認

手数料(Market fees)と売れたときの手取り金額(What you get)を確認し、問題無ければ「List for sale」をタップ。

売出し成功

これでOrdinalsの売出し(リスト)完了です。

Ordinals作品の探し方は大きく分けると以下の2つです。

マーケットプレイスで探す

NFTを売り買いできるサイトをマーケットプレイスといいます。

ここではOrdinals Walletと連携しているマーケットプレイスを2つ紹介します。

あいず

イーサリアムNFTでいうところの「OpenSea」!

Ordinals Wallet

OrdinalsWallet

ビットコイン用ウォレットのOrdinals Walletの中にマーケットプレイスがあります。

右上の「≡」でサブメニューをひらいて、「Collect」を見ると直近のトレンドがわかります。

「Buy now」と表示されている作品であれば、Ordinals Walletのマーケットでそのまま買うことができますよ。

あいず

Ordinals Walletに入金したビットコインでそのままビットコインNFTを買えるのがメリット!

Magic Eden(マジックエデン)

Magic Eden

Magic EdenもOrdinals Walletのように独自のウォレットとマーケットプレイスをもつサイトです。

あいず

作品の探し方や買い方はOrdinals Walletとほとんど同じ!

Xで探す

ツイッターを使うと、ランキングに載らないような個人制作の作品や発売前の作品など、幅広いNFTアートの情報を手に入れることができます

ハッシュタグで探す

僕がよく使うハッシュタグは以下の3つです。

内容
#OrdinalNFTs国内外のOrdinals作品を探しやすい
#OrdinalsJPN日本のOrdinals作品を探しやすい
#ordinals国内外のOrdinals情報(作品以外の情報も多い)
あいず

検索窓の後ろに 「 lang:ja」とつけて検索すると日本語ツイートだけをヒットさせることができるので、活用しましょう!

おわりに

Ordinalsを手に入れることができましたか?

2023年1月に始まったばかりの新しい技術ですが、これから爆発的にユーザーが増えていくと予想されています。

ユーザーが増えるほど素敵な作品と出会える機会が増えるはずですので、そのときに備えてビットコインの準備もしておきましょう!

それでは:)

Ordinalsの始め方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次