【スマホでOK】初心者向け!メタマスクをはじめる手順と使い方

スマホではじめるメタマスク

スマホでメタマスクをつかう方法を知りたい

そもそもメタマスクってなに?あやしくない?

このようなお悩みを解消します。

この記事でわかること
  • メタマスクとは?
  • スマホでメタマスクをはじめる方法
  • メタマスクで資産を失わないために注意すべきこと

こんにちは、あいず ( @eyezroom ) です。

メタマスク(MetaMask)とは、簡単に説明すると仮想通貨専用の財布ソフトのこと。

無料で使えて、NFTの売り買いやブロックチェーンゲームなど、世界中の多くのサービスで使用できます。

この記事では、メタマスクについてもう少し詳しく解説したあと、スマホでメタマスクを使いはじめる手順を解説します。

eyez

メタマスクに保管している資産を失わないために注意すべきことも解説しています!超重要!

本題に入る前に

メタマスクを使うには仮想通貨取引所の口座が必要です。

取引所からメタマスクに仮想通貨を送るときに手数料がかからないがおすすめ!

まだ口座を持っていない人はもちろん、すでに取引所で口座を持っている人もこの機会に口座開設しておきましょう。

eyez

コインチェックやビットフライヤーだと、イーサリアムをメタマスクに送るとき1,000円程度の手数料がかかります。

\ スマホでOK!完全無料で口座開設 /

>>【たったの10分!】GMOコインで口座開設

目次

メタマスクってなに?

メタマスクってなに?

仮想通貨専用の財布ソフトを専門用語でウォレットといいます。

ウォレットには様々な種類がありますが、メタマスクは「イーサリアム」という仮想通貨銘柄に特化したウォレットです。

eyez

イーサリアムのほかに、イーサリアムのシステムを使った別の通貨(トークン)やNFTなども保管できます。

ウォレットが必要なワケ

メタマスクの連携できるサービス例

取引所で買った仮想通貨は、その取引所が提供しているサービスでしか使うことができません

そこで、仮想通貨を取引所から、ウォレットに移すことで世界中のさまざまなサービスで仮想通貨を自由に使えるようになります。

ウォレットにもいろんな種類やアプリがありますが、まずは世界中で利用されているメタマスクを使ってみましょう!

スマホでメタマスクをはじめる手順

メタマスクはスマホとパソコンの両方で使うことができます。

今回はスマホでメタマスクをはじめる手順を解説します。

  1. スマホアプリをダウンロード
  2. ログインパスワードを設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの作成
eyez

たったの3ステップ!5分ほどあればできちゃいます。

手順1|スマホアプリをダウンロード

まずはスマホにアプリをダウンロードしましょう。

Download on the App Store
Google Play で手に入れよう
注意

メタマスクの偽サイトが報告されているので注意してください。Google検索のトップにそういったサイトが掲載されていることもあるため、検索はしないで必ずアプリストアからダウンロードしましょう。ちなみに上のリンクは安全です!

手順2|ログインパスワードを設定

はじめに、メタマスクにログインするためのパスワードを設定していきます。

トップ画面

アプリをひらいたら「開始」をタップ。

メタマスク改善のための情報送信の同意

「同意する」をタップ。

新しいウォレットの作成

「新しいウォレットの作成」をタップ。

ログインパスワードの設定

パスワードを設定し、パスワード復元に関する確認にチェックを入れたら「パスワードの作成」をタップ。

iPhoneを使っている場合はFace ID(Touch ID)でサインインにもチェックを入れておくと、アプリを開くたびにパスワードを入力しなくて済むのでラクです。

eyez

とはいえ、パスワードを忘れないように注意しましょう。パソコンでメタマスクを使うときなど、入力を求められる場面が結構あります。

FaceIDの使用許可

Face ID(Touch ID)でサインインする設定にすると、このようなメッセージが出るので「OK」をタップしてください。

手順3|シークレットリカバリーフレーズの設定

シークレットリカバリーフレーズとは、ウォレットを復元するためのパスワードです。

メタマスクのアプリを消してしまった時や、買い替えたスマホで同じウォレットを使いたいときに、シークレットリカバリーフレーズを使うと、ウォレットを復元することができます。

それでは設定していきましょう。

シークレットリカバリーフレーズによるウォレットの保護

「開始」をタップ。

シークレットリカバリーフレーズの説明

「開始」をタップ。

シークレットリカバリーフレーズの表示

「表示」をタップすると、12個の英単語が表示されます。これがシークレットリカバリーフレーズです。

このあとの手順や、今後ウォレットを復元するときに使用するので、順番も含めて正しく「紙」にメモしてください

メモできたら「続行」をタップ。

eyez

セキュリティを考えるとスクリーンショットはおすすめできません。

注意

シークレットリカバリーフレーズさえあれば、誰でもウォレットを復元できてしまいます。絶対に他人に知られないように注意してください。

シークレットリカバリーフレーズの確認

シークレットリカバリーフレーズを正しい順番に並べたら「バックアップの完了」をタップ。

eyez

今回は12個の単語が表示されていますが、ウォレットを復元するときは英単語も含めて自分ですべて入力する必要があります。

「完了」をタップ。

この画面が表示されたら、ウォレット作成完了です。

メタマスクを使うときに気をつけること

メタマスクに保管している大切な資産を失わないためにも、ハッキング対策をしっかりしましょう。

これだけはやっておくべき対策をまとめてみました。

メタマスクのハッキング対策
  1. シークレットリカバリーフレーズをスマホの中に保管しない
    スクリーンショットやスマホのメモ帳、Google keepなどのクラウドメモには保管しないこと。紙に書いて、自分だけがわかる場所に保管しておきましょう。LINEで保管なんて論外です!
  2. シークレットリカバリーフレーズを他人に教えない
    他の人に教えた時点で財布をその人に渡したのと同じです。DMなどで言葉巧みに聞き出してくることもあるので騙されないようにしましょう。シークレットリカバリーフレーズを使うのはウォレットを復元したいときだけです。
  3. ログインパスワードは強度の高いものにする
    大文字小文字が混在した英数字のできる限り長いパスワードにするなど、強度の高いものにしましょう。また、他のサービスで使っているパスワードを使い回さないことも重要です。
  4. 無料のWi-Fiでメタマスクを開かない
    街中で使える無料のWi-Fiはセキュリティ皆無のためハッキングリスクが非常に高いです。外でどうしても使いたいときは5G,4Gといった携帯電話回線を使いましょう。
  5. 自宅のWi-Fiもセキュリティを強固にする
    自宅でWi-Fi環境を作っている場合は、セキュリティ強固になる設定をしましょう。
  6. 怪しいサイトと接続しない
    NFT売買やブロックチェーンゲームをするとき、特定のサイトとメタマスクを接続する場面があります。このとき、怪しいサイトと接続するとハッキングされる可能性があるため、接続先のサイトが安全か一度検索してみることをおすすめします。
  7. ウォレットに大金を入れない
    もしハッキングされてしまったときに、被害が最小限となるように、ウォレットには必要最低限の金額しか入れないようにしましょう。

シークレットリカバリーフレーズを聞き出す手口のDMやメールはめちゃくちゃ多いです。

シークレットリカバリフレーズを入力するのはウォレットを復元するときだけなので、それ以外で入力を求められたらすべて詐欺だと思ってください。

eyez

メタマスクの取り扱いに慣れている人でも引っかかることがあるぐらい手口が巧妙になってきているので、取り扱いには注意しましょう!

おわりに:メタマスクを使ってみよう

スマホでメタマスクを無事はじめられましたか?

つぎは、取引所からメタマスクにイーサリアムを送金してみましょう。

各取引所の送金方法は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

それでは:)

スマホではじめるメタマスク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
目次