MATIC(ポリゴン)とは?特徴と買い方をやさしく解説【おすすめ取引所も紹介】

この記事のリンクには広告が含まれています。
仮想通貨MATICとは?

ガス代にMATICが必要と言われたんだけど、どうやって手に入れるの?

MATICとかポリゴンとかよくわからないので教えてほしいな

このようなお悩みを解消します。

こんにちは、あいず ( @eyezroom ) です。

PolygonのNFT取引やブロックチェーンゲームで「MATIC(ポリゴン)」が必要と言われて困っている方も多いのではないでしょうか。

じつはMATIC」には2種類あって、間違ったMATICを買ってしまうと使うことができないんです。

そこでこの記事では、MATIC(ポリゴン)の特徴とオススメの購入方法についてやさしく解説していきます。

あいず

MATICの買い方をサクッとマスターしましょう!

\ポリゴン用MATIC買うならここ/

最短1日でスタートできる!

この記事を書いた人
プロフィール
あいず
@eyezroom
  • メーカー勤務の副業ブロガー
  • 副業月収5万円以上
  • 2022年4月からNFTを100点以上売買
  • 株式投資6年・仮想通貨投資3年
  • 妻と1歳の息子の3人暮らし

>>今話題!スマホで500円からビットコインをはじめる方法はこちら

目次

MATIC(ポリゴン/Polygon)とは?

MATIC」とは、ポリゴンネットーク(Polygon)でメインに使われている専用通貨です。

ここでは、ポリゴンネットワークとMATICの関係について簡単に解説していきます。

あいず

MATICとポリゴンネットワークの関係を整理しましょう!

>>はやくMATICの入手方法を知りたい方はこちら

ポリゴンネットワークとは

イーサリアムが持つ問題

イーサリアムネットワークはNFTの取引やブロックチェーンゲーム、新しい金融サービスであるDeFiなど様々なサービスで使われています。

そのため、サービス利用者が増えるにつれてネットワークが混雑しやすくなり「取引スピードが遅くなる」「手数料(ガス代)が高くなる」といった問題がたびたび発生してきました。

このような問題を解決するために作られたのが、ポリゴンネットワーク(Polygonポリゴン)です。

イーサリアムとポリゴンネットワークの違い

イーサリアムとポリゴンの違い

ポリゴンネットワークはイーサリアムをベースにしたものですが、取引処理の方法に違いがあります。

イーサリアムは多数のチェックポイントで情報を確認しながら処理を進めるため、取引完了まで時間が必要です。

いっぽう、ポリゴンネットワークは新幹線のような専用の線路を使い、最小限の確認で処理が進むので、取引完了までの時間が短く、手数料も抑えられます。

あいず

このポリゴンのネットワーク名称を正式にはPolygon PoSといいます。

ウォレットアドレスはイーサリアムと同じ

ポリゴンネットワークはイーサリアムのシステムを活用しています。

そのため、ポリゴンネットワークはイーサリアムのウォレットアドレスと同じです

あいず

イーサリアムのウォレットを持っていれば、ポリゴンネットワークのNFTや通貨も取り扱えます。

ポリゴンネットワーク専用通貨「MATIC」

仮想通貨MATIC

ポリゴンネットークでメインに使われている専用通貨が「MATICマティック」です。

たとえば、ポリゴンネットワークを利用するときに支払う手数料(ガス代)としてMATICが使われます。

あいず

ガス代として絶対に必要になるので意外と使う場面が多い!

MATIC?Polygon(ポリゴン)?

ポリゴンネットワークは2021年までMatic Networkという名前でした。

そのため、当時の「MATIC」という名称がいまでも専用通貨として残っています。

あいず

ポリゴンネットワークの通貨なので「Polygon(ポリゴン)」とよんでいる企業もありますが、正式名称はMATIC!

ポリゴンネットワーク用のETH:Polygon ETH

ETHとPolygon ETH

ポリゴンネットワークで使えるETHのことを「Polygon ETH」といいます。

ポリゴンネットワークはイーサリアムのシステムを活用していますが、これらはネットワークとしては別物です。

そのため、ポリゴンネットワーク内でETHを使うことはできません

ポリゴンネットワーク内でETHを使いたい場合は、ポリゴンネットワーク用ETHのPolygon ETHに変換ブリッジする必要があります。

あいず

Polygon ETHはポリゴンネットワークのイメージカラーから、別名「紫イーサ」とも呼ばれています。

>>Polygon ETHの特徴とオススメの入手方法はこちら

MATIC(ポリゴン/Polygon)の注意点

MATICには「ポリゴンネットワーク用MATIC」と「イーサリアム用MATIC」の2種類あります。

ここでは、これらのMATICの違いと注意点について整理しておきます。

2種類のMATIC

MATICとwMATIC

イーサリアム用のETHをポリゴンネットワークで使えないように、ポリゴンネットワーク用のMATICをイーサリアムで使うことはできません。

そのため、イーサリアムでMATICを使いたい場合は、イーサリアム用MATICであるwMATIC変換ブリッジする必要があります。

あいず

wMATICはイーサリアムのERC20という規格を使った通貨なので、ERC20規格のMATICとよばれることもあります。

実際はポリゴンとイーサリアム以外のネットワーク用のMATICもありますが、ここでは割愛します。

どっちのMATICが欲しい?

MATICを購入する前に、自分がほしいMATICは「ポリゴンネットワーク用」と「イーサリアム用」のどちらなのか明確にしておきましょう。

間違ったMATICを買ってしまうと、使えない可能性があります。

あいず

ポリゴンネットワーク用MATICが必要となるケースがほとんどです。

MATICが買える国内の取引所

国内でもMATICを購入できる取引所がいくつかありますが、各取引所が取り扱っているMATICが「ポリゴンネットワーク用」と「イーサリアム用」のどちらなのか注意が必要です

2024年4月現在、国内の取引所で買えるMATICの状況は以下のようになっています。

ポリゴン用MATICイーサリアム(ERC20)用MATIC



SBI VCトレード
Zaif
OKCoinJapan


DMM Bitcoin
OKCoinJapan

\ポリゴン用MATIC買うならここ/

最短1日でスタートできる!

参考1:コインチェック(ポリゴンネットワーク用MATIC)

※ポリゴン(MATIC)は複数のブロックチェーン上で取引される暗号資産ですが、当社で取扱うMATICはPolygonチェーンのみに対応しています。そのため、Ethereumチェーンを含む、Polygonチェーン以外を利用したポリゴン(MATIC)の受取、送金には対応しておりません。

https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/matic_jpy/3600

は、注意書きにあるようにポリゴンネットワークで使える通常のMATICです。

参考2:ビットフライヤー(イーサリアム用MATIC)

当社で取り扱うポリゴン(MATIC)は、Ethereumネットワーク上のERC-20トークンにのみ対応し、ポリゴン(MATIC)ネットワークには対応していません。

https://bitflyer.com/ja-jp/faq/9-79

はポリゴンという名前でMATICを売っていますが、実際はイーサリアムで使えるMATICです。

あいず

ポリゴンネットワークで使えないのに「ポリゴン」という名前で取り扱っている取引所も多いので注意しましょう!

MATIC(ポリゴン/Polygon)の購入方法

ここから、ポリゴンネットワーク用のMATICの購入方法について解説していきます。

  1. ポリゴン用MATICを購入できる取引所で口座開設
  2. 販売所でMATICを購入
  3. メタマスクにポリゴンネットワークを追加
  4. 取引所からメタマスクにMATICを送金

手順1:ポリゴン用MATICを購入できる取引所で口座開設

  1. ポリゴン用MATICを購入できる取引所で口座開設
  2. 販売所でMATICを購入
  3. メタマスクにポリゴンネットワークを追加
  4. 取引所からメタマスクにMATICを送金

まずはじめに、ポリゴンネットワーク用MATICを購入できる取引所で口座を開設しましょう。

2024年4月現在、ポリゴン用MATICを購入できる国内の取引所は以下の6社だけです。

スクロールできます
\オススメ/
コインチェック
BITPOINTSBI VC TradebitbankZaifOKCOINJAPAN
売買
手数料
取引所取扱無し取扱無し取扱無しmaker:-0.02%
taker:0.12%
maker:0%
taker:0.1%
maker:~0.07%
taker:0.14%
販売所5%5%3〜6%5%6〜7%3%
送金最低額5005MATIC1MATIC5.9MATICなし5MATIC
手数料0.1MATIC001.3MATIC1MATIC0

この記事では、アプリが使いやすいを使って手順を紹介していきます。

\ポリゴン用MATIC買うならここ/

最短1日でスタートできる!

あいず

東証プライム上場のマネックスグループの子会社なので安心!

手順2:販売所でMATICを購入

  1. ポリゴン用MATICを購入できる取引所で口座開設
  2. 販売所でMATICを購入
  3. メタマスクにポリゴンネットワークを追加
  4. 取引所からメタマスクにMATICを送金

販売所でMATICを購入していきます。

あいず

MATICが買えるのは販売所だけ!

アプリトップ

スマホアプリを起動したら「販売所」の中の「MATIC」をタップ。

購入金額を入力

購入する金額を入力したら「日本円でMATICを購入」をタップ。

あいず

最低500円から買えます!

確認

購入金額に間違いがないことを確認したら「購入」をタップ。

購入完了

この画面が表示されたら注文完了です。

左上の「✕」をタップして画面を閉じてください。

保有MATICの確認

MATICが追加されていることを確認できます。

手順3:メタマスクにポリゴンネットワークを追加

  1. ポリゴン用MATICを購入できる取引所で口座開設
  2. 販売所でMATICを購入
  3. メタマスクにポリゴンネットワークを追加
  4. 取引所からメタマスクにMATICを送金

メタマスクでMATICを受け取る準備をしておきます。

Ethereum Main Networkをタップ

メタマスクアプリを起動したら、上部の「Ethereum Main Network」をタップ。

ネットワークの切り替え

「ネットワークを追加」をタップ。

ネットワーク一覧

「カスタムネットワーク」タブをタップ。

あいず

「人気」タブ内にポリゴンネットワークが表示されている場合もありますが、SCAMの可能性もあるので無視しましょう!

カスタムネットワーク

ネットワーク名

Polygon Mainnet

RPC URL

https://polygon-rpc.com

チェーンID

137

シンボル

MATIC

ブロックエクスプローラURL

https://polygonscan.com/

参考:Polygon公式Wiki

各項目を入力したら「追記」をタップ。

あいず

メタマスクにポリゴンネットワークを追加するおまじないなので、内容は理解しなくてもOK!

注意事項

「了解」をタップ。

あいず

ポリゴンやMATICの意味がわかっていれば、書いてあることもなんとなく理解できるはず!

Polygon Mainnet追加完了

上部がPolygon Mainnetになっていれば、メタマスクにポリゴンネットワークを追加完了です。

あいず

イーサリアムのネットワークに戻したいときは「Polygon Mainnet」をタップして「Ethereum Main Network」に切り替えればOK!

手順4:取引所からメタマスクにMATICを送金

  1. ポリゴン用MATICを購入できる取引所で口座開設
  2. 販売所でMATICを購入
  3. メタマスクにポリゴンネットワークを追加
  4. 取引所からメタマスクにMATICを送金

最後に、で買ったMATICをメタマスクに送金します。

下記の記事でコインチェックからMATICを送金する方法を解説していますので、参考にしてください。

>> コインチェックからメタマスクに仮想通貨を送金する方法

あいず

これでポリゴン用MATICの入手完了です!

よくある質問

ここではMATICについてよくある質問をまとめています。

取引所が取り扱っていない種類のMATICを送金したらどうなりますか?

取引所が取り扱っていないネットワークのMATICを送金してしまった場合、基本的には届かずに消えてしまいます。

あいず

ポリゴンネットワークとイーサリアムでウォレットアドレスは同じですが、取引所側で受け入れるシステムがなければなくなってしまいます!

おわりに

無事MATICを手に入れることができましたか?

MATICは意外とすぐに無くなってしまいがちなので、定期的な補充がオススメです!

それでは:)

\ポリゴン用MATIC買うならここ/

最短1日でスタートできる!

仮想通貨MATICとは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次